第5回口頭弁論報告(2011年2月21日)

さる2月21日月曜日に行われた麻生邸ツアー事件国賠訴訟の第5回口頭弁論は、多くの傍聴者が結集し721号法廷の40席がほぼ埋め尽くされました。今回の法廷では、原告側弁護団の大口昭彦弁護士が被告東京都に対して再求釈明(被告都の曖昧な主張について「はっきり説明せよ」と裁判所に対して行う申し立て)を行いました。被告東京都による逮捕ならびに家宅捜査差押の理由が、いかに恣意的かつ法に照らして間違っているかを徹底的に追及していく質問を浴びせかけました。満席の傍聴席は大口弁護士の熱弁に緊張感をもって聞き入りました。

大口弁護士の再求釈明は、次のような内容でした。被告都は逮捕理由の一つに、リアリティツアーによって渋谷の街の円滑な交通が妨げられたことを挙げています。しかし、休日の渋谷において雑踏の混雑は日常的なものであり、この件のみを警察が刑事警察的に規制することは極めて恣意的だといえます。被告都は道路交通の秩序に関することのみを云々しているが、実際の「リアリティツアー」の現場において警察が目くじらを立てていたことは「プラカードを下ろせ!」「風船はいかん!」などと、道路交通とは全く関係のない事柄ばかりでした。原告らに対して執拗につきまとい、警察の「やろう!」等のかけ声と共に原告園に対する逮捕行為が開始され、渋谷の街は大混乱となり、警察こそが「交通秩序」を大いに阻害したのです。

また大口弁護士は、不当逮捕に伴うフリーター全般労組に対する家宅捜索の違法性も厳しく追及しました。16点もの押収品目のうち、「パンフ<生きのびるための労働法>」や救援連絡センターに関する情報を記載した「レジュメ<自由と生存のメーデー>」の押収は、とりわけ憲法で保障された労働組合の基本的な活動を萎縮させ、また逮捕時の被疑者の法的権利を知るという当たり前のことを犯罪視する警察の姿勢を露骨に示しています。警察法2条2項では「警察の活動は・・・不偏不党かつ公平中正を旨とし」と規定しているのですが、そこから大きく逸脱する公安警察的捜査のやり方は法的に糾されなくてはなりません。

今回の法廷では、公安条例は憲法違反であることを主張する原告側書面も提出しました。1960年最高裁判決の公安条例合憲判断を見直すことを求めています。

次回の法廷では、被告東京都の主張を聞くことになります。訴訟団の再求釈明に被告はどのように回答するのでしょうか。これまで被告東京都が取り繕ってきた逮捕のもっともらしい言い分が、徐々に崩されていくことになるでしょう。弁護団は徹底的に追及する構えでいます。弁護団は、逮捕現場を撮影した映像証拠取り調べも要求しています。今回、裁判長は原告訴訟団と被告東京都・国の主張を整理する時間がもう少し必要だという判断を示したので、映像証拠調べは数回後に行われることになる見込みです。

第4回口頭弁論報告(12月6日)

今回の法廷には被告国と被告東京都の準備書面が提出されました。

国の準備書面では、捜索令状の発布は違法性であり捜査に名を借りた原告への人権侵害であるという原告側の主張に対して、被告国の違法性はないと答弁。

東京都準備書面では、原告側が提出した求釈明に対して、警視庁の言い分を繰り返しほとんど回答していません。

注目されるのが「原告フリーター労組事務所における捜索差押物品一覧」という準備書面に添付された資料。全16点の押収物のほとんどがビラですが、「レジュメ」(会議メモ)押収の理由として、「デモで逮捕されたら『黙秘権』『自己負罪拒否権』を行使、救援連絡センターに連絡するなどと記載されていることから、本件各事件の犯行に至る経緯、原因、動機、背景、犯行の手段・方法、背後関係等に関係あると認められ、差し押さえられるべき物」に該当すると書かれていました。これについて弁護団からは「東京都は憲法で保障された黙秘権の行使を犯罪視するのか、憲法無視のとんでもない見解である」と法廷の場で厳しく追及しました。

次回第5回口頭弁論は2011年2月21日(月)16:30より東京地裁721法廷にて開催されます。夕方の時間帯なのでいつも参加できない方もぜひ傍聴にご参集下さい。

10.26弾圧2周年の渋谷駅街宣をしました。

2年前の10月26日、麻生邸リアリティツアーに参加した仲間たちは62億円といわれる当時の麻生太郎首相邸を一目通りから見ることが叶わなかったばかりか、渋谷駅から出発して109ビルを少し通り過ぎたばかりの地点で大勢の警察に体当たりされて3人が不当逮捕されるという弾圧に見舞われました。そしてリアリティツアー連絡先になっていたフリーター労組事務所には、嫌がらせの不当な家宅捜索が入りました。

このリアリティツアー弾圧事件の不当性、そしてそれに対して国家賠償請求訴訟を提起していることを、2年前の集合場所である渋谷駅ハチ公前で訴えました。事件当時のYouTubeの動画をノートパソコンで流しながら、夕刻の渋谷駅前の通行人にビラを配りました。

訴訟団は渋谷駅から移動し逮捕現場(ヤマダ電機向かい)でも情宣を行いました。

2年前は麻生邸見学をすることができなかったため、今回2年ぶりに麻生邸見物に赴き麻生元首相に国賠裁判のお知らせをすることにしました。10分ほど歩いた渋谷区の高級住宅街にある麻生邸に着くと十名ほどのおまわりさんが並んでいましたが、豪邸の主は改装工事が間近でお留守とのことでした。せっかくなので近隣の住民に12月6日(月)14:30から東京地裁721法廷で行われる国賠裁判第4回期日のお知らせをして、訴訟団はお屋敷街を後にしました。

逮捕現場にて

第3回口頭弁論速報(10月4日)

わたしたち国賠訴訟団は昼時の12時半から地裁前にて情宣を始めました。おなじみの「なくせ!公安条例」のバナーとともに、トラメでの元気なアピールと支援者とともに地裁前各所でのビラまきを2時過ぎまで行いました。公安警察の不当な妨害にも随時反撃を加えました。

今回の傍聴にはいつも参加してくれるフリーター全般労組や国賠ネットの仲間に加え、他の裁判闘争を闘う労働組合の当該や支援者たちも駆けつけてくれました。新たな仲間との出会いが生まれ、活気あふれる交流の時間を持つことができました。

訴訟団は今回、東京都の準備書面への反論となる「原告準備書面1」と「求釈明」を提出しました。法廷では弁護団の大口弁護士から東京都の準備書面に対する求釈明の演説がありました。東京都の準備書面では、フリーター労組に対する捜索差押えの根拠が一般的にしか説明されておらず、公安警察による恣意的な労働組合活動への捜索活動を許さないためにも、東京都は捜索差押えの必要性を厳密に説明するべきであるとの力のこもった弁論がなされました。

次回に予定されている東京都と国からの答弁はどのような内容が出てくるのでしょうか。引き続きご注目下さい。

次回第4回口頭弁論は12月6日(月)14時30分から同じく地裁721法廷にて開かれます。今後とも傍聴への結集をよろしくお願い致します。

『なくせ公安条例! 9.23麻生邸リアリティツアー国賠訴訟集会』報告

先日の集会の模様です。雨の中、大勢の参加者が集まりました。2008年のリアリティツアーの映像を映像ディレクターの小林アツシさんと原告の話から振り返り、警察の作り出した逮捕劇かつ政治表現の弾圧であることを再確認しました。憲法学者の奥平康弘氏からは、集会やデモなど自由な集合的政治表現を弾圧する戦前の治安警察法、治安維持法と公安条例のつながりを学ぶことができました。国賠訴訟団弁護団の大口昭彦弁護士からは、麻生邸事件弾圧の不当性と公安条例の違憲性について語っていただきました。参加者からは、国家賠償請求訴訟を勝ち取るためのいろいろな意見が出されました。権力犯罪の責任を追及してきた国賠ネットの仲間や、強制代執行に直面する渋谷宮下公園のナイキ化に反対する仲間からのアピールも寄せられました。麻生邸弾圧事件国賠訴訟の意義と、今後の訴訟の展開への期待が幅広く寄せられていることを確認した集会でした。詳しくは次号ニュースレター等の報告をご覧下さい。

7月26日第2回口頭弁論速報、次回口頭弁論は10月4日(月)14時半から721法廷です。

本日の口頭弁論に参加されたみなさま、暑い中本当にありがとうございました!
炎天下の昼休み地裁前情宣には、フリーター労組組合員を中心とする20名強の仲間がビラを配りに参加してくれました。
「なくせ!公安条例」のバナーを掲げ、原告や支援者によるマイクアピールも熱が入っていました。 Details »

国賠ネット定例会へ参加

先週の6月3日、国賠ネット定例会へ参加してきました。
現役国賠の方にまじって、麻生国賠からも進行の報告をしてきました。
また現役国賠の方、国賠OBのみなさんから多く第一回期日を傍聴していただいたことから、

  • 第一回口頭弁論での陳述に感動した。
  • 「リアリティツアー」だけにリアリティのある陳述内容だった。
  • 長年国賠を支援してきた身としては、こうして若年層が頑張っていることに感動を覚える。

などなど励ましの言葉を多くかけていただきました。

麻生国賠の今後について、ここでも注目されていることを実感しています。
また国賠ネットでは、「夏季勉強合宿」を企画中です。
今年は司法制度改革と刑事弁護・国賠がテーマとなる予定ですので、ぜひ当訴訟団からも参加しましょう。

川村理弁護士より本訴訟の概要と今後の展開について

 今回の訴訟は「麻生邸リアリティツアー」と名づけられた活動に対して、公安条例と公務執行妨害が適用されたことについて違法性を争うもの。この裁判ではあらためて公安条例の違憲性を追求することが柱となる。公務執行妨害についてはその事実はない、やっていないという主張。公安条例については憲法違反というだけではなく、公安条例を適用する要件に当たらないという二段構えの主張を行っている。原告四名のうち、フリーター全般労働組合については、不当な捜索と差し押さえを受けたことについてその違法性を争う。 Details »

大口昭彦弁護士より本訴訟の社会的意義について

 みなさん、きょうは大勢傍聴くださいましてありがとうございます。この裁判が非常に重要であり、注目されている裁判であることを代理人としてもひしひしと感じております。本日の三人の原告の方の意見陳述は非常に個性的でありますし、大切なことが述べられていたと思います。また傍聴席も非常に元気がよくて結構であったと思います。組合の方の意見が聞けなかったのが非常に残念ですが、今日の意見陳述にも出ていたように、この時代、現代においてこの裁判が起こされていることの意味が非常に大切だと代理人席にいて感じました。 Details »

5月17日第一回口頭弁論レポート

写真は第一回口頭弁論後の報告集会のようすです。あとで詳しい報告がありますが、傍聴席に座れない人が出るほどの50名を超える結集。皆さまありがとうございました。三人の本人陳述はそれぞれ個性あふれ、傍聴席からの熱気あるかけ声と拍手で受け止められました。弁護士会館での報告集会、日比谷公園交流会も各界からのアピール、交流、ねぎらいの場となりました。ご参加・ご協力下さった皆さん、どうもありがとうございました。
次回法廷は7月26日(月)午後2時から、今回と同じ東京地裁721号法廷です。これからも共にがんばりましょう。