麻生邸リアリティツアー事件国家賠償請求訴訟総括集会のお知らせ

麻生邸リアリティツアー事件国家賠償請求訴訟総括集会

日時〇2016年11月5日 13時半開場(14時開始)
場所〇渋谷勤労福祉会館
資料代〇500円

発話者:廣瀬純さん―『暴力階級とは何か——情勢下の政治哲学2011-2015』(航思社)著者/麻生邸リアリティツアー国家賠償請求訴訟団事務局 など

麻生邸リアリティーツアー事件から8年、国賠提起から6年が過ぎた――そもそも、あの事件を知っている、あるいは覚えている人はどれだけいるのだろうか?

麻生邸リアリティツアーとは、2008年当時の首相、麻生太郎の62億円もの私邸を見に行こうという企画であった(なぜ見に行こうとしたのかといえば、国内でも有数の高級住宅地にあるその豪邸は、麻生一族が朝鮮人と被差別部落の人々の命を収奪してなした財のごく一部だからだ)。
そして事件とは、麻生邸に向かっていた人々に、公安警察が体当たりするなどして襲いかかり、3名が逮捕され12日間勾留され、さらには労働組合の事務所が家宅捜索された一連の弾圧である。
マスコミのフレームアップ報道に始まり、弾圧の一部始終をとらえた動画で暴露された露骨なデッチアゲ、そして国会等で「政治問題」化されるなど、一貫してスペクタクルな出来事として記憶されているのかもしれない。

弾圧の下手人の一人、宇井渋谷署警備課長(当時)が証人尋問でいみじくも語ったとおり、私たちは確かに「政権に批判的な集団だった」。もっといえば、政権にとどまらず、議会政治をはじめとする制度的で茶番にまみれた政治に対する否認があったといえば言い過ぎだろうか。
貧民が貧民窟から出てこようとすればそれを叩き潰そうとするのが支配階級なのだ、といえばそれまでかもしれないが、首相の家に歩いて行く程度のことで犯罪とされてしまうことに強い危惧を覚える。
表現の自由、という響きがブルジョア法の限界を想起させるかもしれないが、私たちはあえて相手の土俵で闘うことを決めた。
希代の悪法、公安条例をあらためて問い、そして廃絶することの意義について再三訴えてきたが、その問題意識が広く共有されるようになったかと言えば、残念ながらそうとは言えない。そして裁判闘争においては、裁判所は、被告である警察の主張――潜在的暴徒、予備的にいっても形式犯であるという主張を鵜呑みにするにとどまらず、*「明白かつ現在の危険」という法理を検討する必要はなく違憲審査はしないと開き直ったのだ。
完全な敗北か?私たちは所謂「力関係」における戦略戦術の布置を読み違えていたのか?
例えば、「新しい社会運動」を標榜する人々は、確かに現象としては空間を占拠したかのように見える。
しかし、起きていることの本質は、ファシズムとスターリン主義人民戦線の弁証法で、地獄の右滑りが繰り返されているだけである。

私たちは、先日不当にも棄却された最高裁判決を受け、この8年にわたる経験を総括し、教訓として皆さんと分かち合いたい。
ひとつの事件で時代の分水嶺をひくことはできないが、事件以前と以後の社会をしっかりと見渡したいと思う。


*明白かつ現在の危険…表現の自由の内容規制に関する違憲審査基準の一つ。アメリカの憲法判例で用いられ理論化された。違憲審査基準としては厳格であり、対象となる人権の制約を認める範囲は著しく限定的。(1)近い将来、実質的害悪を引き起こす蓋然性が明白であること(2)
実質的害悪が重大であること(3)当該規制手段が害悪を避けるのに必要不可欠であること、以上の三要件を満たすときはじめて当該表現行為を規制できるとする。

補充書作成ご協力のお願い

補充書作成ご協力のお願い

東京都と国を相手として私たちが争っている「麻生邸リアリティツアー国賠」。いよいよついに最高裁に場を移すことになりました。2010年の訴訟提起から6年 にわたって続けられてきた審理に最終的な判断が下されます。
私たちがこの訴訟で問い続けてきたのは、人の自律と街頭がつくる想像力の意義です。人は勝手にモノを言うために、街に現れなければなりません。誰に導かれも仕切られもせずに、誰かの物言いに反応し、反応されて動くときにしか社会は変わることはないでしょう。そのような人々の間からしか社会を構成する新しい力は現れることはないでしょう。
これはこの間、原発や安保法制の運動から得られた根本的な教訓でもあります。あらゆる意味で、人が街中に現れることそのものには可能性があります。しかし、人が警察に訓致され統制を内面化すればその可能性のほとんどは失われます。運動が求めるのは自律なのに、そこを早々に諦めるのですから。
さて、私たちが求めたのは2008年10月26日 に開催された「反戦と抵抗の祭」プレ企画への警視庁の介入の是非です。首相の大豪邸を見に行くツアーの参加者に公安警察官が体当たりして 逮捕してよいのか、警察みずからが作り出した混乱の中で手あたりしだいに参加者を逮捕してよいのか、警視庁が逮捕の根拠とした東京都公安条例にもあたらず公務執行妨害罪にもあたらない状態であったのに、とつぜん警察官に拉致され12日間にわたって留置場に監禁され続けるこ とを受忍しなければならない理由はあるのか、裁判ではこれらが問われました。
そのことはつまるところ、私たちは自律的に街を歩けるのかどうかという問題です。裁判上、この問題は公安条例の違憲性質を争うという表現になるのですが、言いたいことはつまりそういうことです。
麻生邸リアリティツアーの開催時を思い出します。主催者が出発場所にした渋谷駅ハチ公前で、参加者は数十名の警察官に取り囲まれ監視を受けました。さらに当時警備課長だった宇井警部は、このツアーを警察の管理下におくために主催者に接触して折衝をしています。
裁判で私たちは、現場の警備責任者であった宇井渋谷警察署警備課長を証人として出廷させ、なぜこのように警察が事前に監視していたのかを問いました。すると彼は臆面もなく、ツアー参加者が麻生首相(当時)に批判的な考え方の持ち主である、そのため犯罪に及ぶ可能性が高いと考えた、という趣旨の証言をしたのです。さらに問われて宇井は、参加者がもし首相に同調的な考えの持ち主であれば監視の必要があるとは考えなかった、とまで証言しています。
公安条例はこのように、政権を守るために恣意的に人々の動きを警察が監視・管理し、必要に応じて暴力的に介入する口実として用いられているのです。
私たちが明らかにし問題にすることを求めたのは、このような公安条例の存在そのものが違憲であることの確認、すなわち人々が街頭で自身の見解を述べ、互いに呼びかけ合うことに行政機関は口出ししてはならないこと、人が街頭で政治的に文化的に表現をすることは自由であることの確認です。
最高裁に上告趣意書はすでに提出して、最高裁の門が開かれるかどうかを待つ状況です。しかし、法律上の言葉で私たちが言うべきことは尽くされるものではありません。そこで、補充書の提出という形で言うべきことを言おうと思います。一行でも二万字でも構いません。補充書の作成に協力をお願いします。

麻生邸リアリティーツアー事件国家賠償請求訴訟団

※以下のリンクからダウンロードし、記名捺印の上
〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F
フリーター全般労働組合気付
麻生邸リアリティツアー事件国家賠償請求訴訟団
まで郵送下さい。(5月24日必着でお願いします)

★ワード版
https://drive.google.com/open?id=0B6Z-O2Pvt4lyclN5bzRjc1RoWEU
★pdf版
https://drive.google.com/open?id=0B6Z-O2Pvt4lyRTBPUi1hUllsMW8

 

討論集会「街頭行動の自由を考える」実行委員会の構成

私たち討論集会「街頭行動の自由を考える」実行委員会はこれまで、大衆運動が無名の人々によって構成されているという共通認識から、実行委員会に参加する個人・団体を特段公表してきませんでしたが、どのような人たちがやっているのか、と多くの問い合わせがありました。
論争なき大衆運動を変えていくためにも、この討論集会をひとつの契機としたいと考える実行委員会は、より多くの参加を求めて、下記のとおり公表します。

団体:麻生邸リアリティーツアー事件国家賠償請求訴訟団 救援連絡センター
個人:鵜飼哲(教員) 上平学(反天皇制運動連絡会) 太田昌国(編集者) 大麦ジョージ 小倉利丸(大学教員) キー 小塚太(フリーター全般労働組合) 佐藤零郎(4.5釜ヶ崎大弾圧原告) 園良太(「麻生国賠」原告) 中島雅一 張本勲(救援連絡センター運営委員) B.O.T(無政府韻踏争議団) 平井玄(半径1キロの思想家) 村上らっぱ(靖国解体企画) 山口素明(予備校教員)

5月9日は法廷へ集まろう!第11回期日の呼び掛け

デッチアゲ弾圧の決定的証拠映像、法廷で上映へ!
麻生国賠5月9日証拠調べへの圧倒的結集を呼びかけます。

 いつもご支援をお寄せ下さる皆様にも心からお礼申し上げます。

 気づいてみれば私たちの裁判も、口頭弁論を10回重ね、提訴してから2年以上の月日が経ちました。
 そしてついに次回期日は、警視庁公安部の明白なデッチアゲ=権力犯罪が法廷で暴露・追及される、裁判闘争の山場のひとつとなります。
 そこで、これまでの経緯を振り返り、そして5月9日の証拠調べ=デッチアゲ弾圧の決定的証拠映像上映への圧倒的結集を呼びかけます。

 ことの始まりは2008年10月26日、社会全体がさらなる貧困へとなだれ込むなか、庶民とはかけ離れた放蕩な生活ぶりと政治的無能から呆れられていた麻生太郎首相(当時)の豪邸を一目見に行こうと企画された、「リアリティツアー2 62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見」で3名が不当逮捕されました。参加者はただ歩道を歩いていただけなのに「公安条例違反」、また一切手を出していないのに「公務執行妨害」、そして事件となんら関係のないフリーター全般労働組合事務所への不当な家宅捜索、というひどい事件でした。

 しかし、不当逮捕の瞬間がYouTubeで公開され、デッチアゲであることが社会的に認知され、大きな抗議の渦がまきおこりました。映像は4日間で再生14万回を超え、全国から抗議への賛同や声明が集まり、国会でも追及され、そして11月に無事3名の釈放と不起訴がかちとられました。現在も動画再生回数は増え続け、60万回に達しようとしています。

 その後、不当に逮捕・家宅捜索された3人の不当弾圧者とフリーター全般労働組合が、弾圧をこれ以上させないために、2010年2月26日に国家賠償請求訴訟を提起し、警視庁公安部の逮捕・勾留および裁判所の捜索差押許可状発布の違憲性・違法性を問うています。そして、人びとの意思表示を萎縮させ抑制する、公安条例の不当さを訴えています。表現の自由は、政治的自由でもあり、憲法はおろか、誰もが持っている自然権です。私たちは、公安条例撤廃を目指し、政治的表現の自由を勝ち取ります。

 これまでは、原告・被告ともに書面で法的主張をぶつけ合ってきましたが、これからは証拠調べに入ります。
 その第一弾が次回の映像上映であり、恐らく夏頃には第二弾として証人尋問で下手人の公安警察をひきずりだし、弾圧の政治的意図を暴露し、糾弾します。
 これからが、見せ場でもあり山場でもあります。

 次回期日は、上映設備のある法廷を押さえなくてはならない都合もあり、多少調整の時間がかかりましたが、5月9日(水曜日)午後3時から、場所は601号法廷となりました。傍聴席数を超える支援者の参加が予想されますので、傍聴券配布ないしは抽選の可能性もあります。
 傍聴を希望される方は、午後1時30分頃に東京地裁正門前にお集まり下さい。是非とも、引き続きのご参加、ご協力をお願いいたします。

◆2・20アメリカ大使館前不当弾圧への抗議声明◆

【以下転載歓迎】
***** ***** ***** *****
◆2・20アメリカ大使館前不当弾圧への抗議声明◆

2月20日、沖縄県東村高江で強行されている米軍ヘリパット建設に抗議するアメリカ大使館申し入れ行動(主催「沖縄を踏みにじるな!緊急アクション実行委員会」)において、二名の参加者が警察に連れ去られ身柄を拘束されるという許し難い暴挙が起きた。現在も二名の仲間は警察の代用監獄に入れられたままである。「麻生邸リアリティツアー事件国家賠償請求訴訟団」は、赤坂警察署による不当な弾圧に怒りを込めて抗議の意を示し、警視庁・裁判所に対し不当に拘束されている二名の仲間の即時解放と不当逮捕への謝罪を要求する。

公安条例の違憲性を訴える麻生国賠訴訟団は、2月20日のアメリカ大使館申し入れ行動にあわせたアメリカ大使館前を通るデモ申請をめぐる事態を注視していた。

アメリカ大使館前を通るデモコースは警視庁愛宕署にいったん受理されながら、直前になってアメリカ大使館前を迂回するコースへと変更を強いられた。警視庁-都公安委員会がデモの出発地点・米大使館前コース・解散地点を強制的に変更させた暴挙に対し、2・20申し入れ行動の主催者は地裁に「仮処分」申立等を行うなど、あくまでもデモの自由を追求する姿勢を取った。それにもかかわらず、地裁は主催者側の申立を却下するという判断を下した。

当日の行動は新橋駅前SL広場での情宣から始まった。参加者たちは、本土のマスコミが伝えない高江で現在起きている米軍基地強化について、座り込み抗議行動を続ける地元の人々の安全を無視した危険なヘリパット建設工事強行の実態について、ビラやマイクアピール、歌、ラップ、太鼓、バナーなど様々な表現を通じて広場の人々に伝えていた。

それに対して警視庁愛宕署の警察官は広場で思い思いの表現行動を続けるわたしたちを取り囲み、指揮官車の上からわたしたちの声をかき消す大音量で「無届け集会をただちに解散しろ!」「東京都公安条例違反で検挙する!」などと高圧的に警告を発してきた。

不当なデモコース変更には従わず、参加者たちは歩道を歩いて申し入れ先のアメリカ大使館に向かった。しかしアメリカ大使館前には赤坂警察署が大量に動員され、大使館への申し入れは阻止され、その過程で二名の仲間が不当逮捕される事態となった。

日米政府の利害を守るために、ひとびとの権利が侵害されるという事態が、これまでも沖縄や本土で繰り返されてきた。麻生国賠訴訟団が撤廃を要求する公安条例も、そもそもの成り立ちはひとびとの結集の力を恐れるGHQ占領軍と日本政府の合作であった。

国際人権規約ならびに憲法によって保障されているはずの表現の自由が、公安条例体制の下で大きな足かせをはめられている現状がいかに不当なものであるのかを、麻生国賠訴訟団はこれからも広く訴えていく。また公安条例の違憲性を問う麻生邸リアリティツアー事件国賠訴訟を通じて、街頭行動の自由をわたしたちの当たり前の権利として実践する各地の仲間たちと連帯していきたい。

路上は警察のものではない。警察は不当な身柄拘束をやめろ。わたしたちは路上の自由を取り戻す。わたしたちは二人の仲間を取り戻す。

麻生邸リアリティツアー事件国家賠償請求訴訟団
2011年3月2日

★逮捕された二名の一刻も早い奪還のために「2.20アメリカ大使館前弾圧救援会」が動いています。

http://d.hatena.ne.jp/ametaiQ/

★救援カンパのお願い
弁護士費用をはじめとする諸経費のために、どうかカンパをお願い致します。
郵便振替用紙に「2.20アメ大Q」と記入の上、以下へお振り込みください。

振込先:ゆうちょ振替
口座番号:00140-2-750198
口座名称:ミンナノキュー
*他銀行からのふりこみの場合
019(ゼロイチキュウ)店 当座 0750198
***** ***** ***** *****

追記:二人は無事に解放されました!

カンパのお願いは終了しました。ご協力どうもありがとうございました。

第6回口頭弁論は4月25日(月)14時より東京地裁721法廷にて

2月21日に行われた第5回口頭弁論では、原告弁護団の大口弁護士による再求釈明が行われました。被告東京都の逮捕ならびに家宅捜査差押の説明がいい加減かつ違法なものであることを徹底的に追及していく質問を浴びせました。併せて、公安条例は憲法違反であることを主張する原告側書面も提出しました。次回の法廷は被告東京都の主張を聞くことになります。逮捕現場の映像証拠取り調べに入る前に、原告訴訟団と被告東京都・国の主張を整理する時間がもう少し必要だという裁判長の判断が示されました。

2月21日の法廷はほぼ40席が埋まり、大口弁護士の迫力ある弁論に注目が集まりました。次回、4月25日(月)14時から東京地裁721法廷での第6回口頭弁論も、引き続き多くのみなさまの傍聴支援をお願い致します。

国賠ネットワーク交流集会(2月19日)

麻生邸リアリティツアー事件国家賠償請求において、現役国賠との連携、連帯を深めるために、訴訟団は国賠ネットワークへ参加しています。

松永国賠という、不当逮捕事件をめぐり国賠を起こし無罪を獲得したときの支援者、原告らが中心となって作られた団体で、40年前より多数の国賠支援をしています。

今般、報告集会(総会)が、2月19日(土)午後1時45分より、渋谷勤労福祉会館(渋谷区神南1丁目19-8/JR山手線渋谷駅・ハチ公口を出て、公園通りをNHK方面へ。渋谷パルコPart2の筋向い)にて行われます。(参加費:500円)

現在闘争中の約10件の国賠原告らがかけつけ、この1年間の活動や裁判進捗状況を報告します。また、布川事件の桜井さんによる講演会も予定されています。

そして、わが麻生国賠からは原告のAさんが報告します!!

昨年の同会におきましては、国賠を経験したOBらと交流しどのような事件が、今この社会に存在するのかを知ることができました。大変勉強になりました。みなさんもぜひ奮ってご参加下さい

◆◆◆「麻生国賠」賛助会参加の呼びかけ◆◆◆

日頃から「麻生国賠」にご支援・ご協力をいただき誠にありがとうございます。提訴から1年を迎え、このたび賛助会を立ち上げることにしました。国賠裁判は今年に入り、逮捕の瞬間を記録した証拠映像の上映や証人喚問と山場を迎えます。
そこで、皆様からさらに長期的なご支援をいただきたく、ぜひ賛助会への参加をお願い申し上げます。

★賛助会費:年額2,000円
★ニュースレター「でてこい」を毎号お送りいたします。
(法廷毎に発行しています。)

すでに賛同をいただいた方には賛助会員への移行をお願い致します。新規賛同者は賛助会員とみなします。賛同署名のみ参加も受け付けます。
振込用紙に「賛助会参加希望」とお書きの上、以下に振り込みをお願いいたします。

郵便振替:00130-9-282713  口座名:麻生国賠
※口座を他行などからの受付口座として利用する場合は、
店名:〇一九店
預金種目:当座
口座番号:0282713

麻生邸リアリティーツアー事件国家賠償請求訴訟団
連絡先:〒151−0053 東京都渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F
フリーター全般労働組合気付
TEL:03-3373-0180 FAX:03-3373-0184
Email: realitytour.st.comp(at)gmail.com

http://state-compensation.freeter-union.org/

次回期日は2011年2月21日(月)16:30より

次回第5回口頭弁論は2011年2月21日(月)16:30より東京地裁721法廷にて開催されます。夕方の時間帯なので、いつも参加できない方もぜひ傍聴にご参集下さい。15時からは地裁前での情宣も行います。

2008年事件当時の逮捕映像(警察の自作自演逮捕劇=警察によるあからさまな人権侵害)を証拠採用&法廷での上映を実現させるために、多くの方に傍聴と注目が必要です。ぜひ、警察の横暴を許さないという意志表示に加わって下さい。

第4回口頭弁論は12月6日(月)14:30より、ぜひご参加を!

★☆★☆★☆ 転送・転載歓迎 ★☆★☆★☆

秋も深まってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

2010年5月に始まった「麻生邸リアリティツアー事件」国賠訴訟は、いよいよ第4回目の口頭弁論を迎えます。日時は、12月6日(月)14時30分より東京地裁721号法廷にて開かれます。

前回、東京都は不当逮捕を法的な面から正当化する準備書面を出してきました。渋谷駅前に集合し歩道を歩いて麻生邸に向かったことが、公安条例に定める集会・デモにあたるとして逮捕を正当化しています。(前回法廷レポートは

http://state-compensation.freeter-union.org/report/584/)

今回はそれに対するこちらの反論の一部を提出し、東京都もさらなる主張を出してきます。事実をねじ曲げ、恣意的な逮捕や弾圧を正当化する東京都・警視庁の言い分を通さないという熱意を示すためにも、ぜひ傍聴へお集まりください!

口頭弁論後は法廷内あるいは弁護士会館にて法廷での書面のやりとりの概要について簡単な報告会を持ちます。

また、午後12時30分より地裁前にてビラまき情宣を行いますのでこちらも併せてご参集・ご協力をお願い致します。

運動は盛りあがっています。9月23日には憲法学者の奥平康弘さんをお呼びして集会を行い、事件から2周年の10月26日には渋谷ハチ公前広場で不当逮捕の映像を流しながらマイクアピールを行い、麻生邸まで行きました。映像への注目はやはりとても高かったです。http://state-compensation.freeter-union.org/report/613/

ぜひ一緒に「なくせ公安条例、すべての表現に自由を!」と声を上げて行きましょう。

◆「麻生邸リアリティツアー事件」国賠訴訟・第四回口頭弁論
日時:12月6日(月)12時半:地裁前昼休み情宣  14時半:口頭弁論
場所:東京地裁721号法廷
地図:http://www.courts.go.jp/tokyo/about/syozai/tokyotisai.html

麻生邸リアリティツアー事件国家賠償請求訴訟団(「麻生国賠」)事務局

http://state-compensation.freeter-union.org/

——————————————————-
★連絡先
〒151-0053 東京都渋谷区代々木4-29-4
西新宿ミノシマビル2F
フリーター全般労働組合気付
TEL: 03-3373-0180
FAX: 03-3373-0184
*住所とFAXが変更しました。

E-mail: realitytour.st.comp(at)gmail.com
※(at)は半角の@に置き換えてください

★引き続きカンパ募集中
郵便振替:00130-9-282713  口座名:麻生国賠
(口座を他行などからの受付口座として利用する場合は、店:〇一九店/預金種目:当座/口座番号:0282713)

★賛同宛先
名前・肩書き・メッセージ(任意)・公表の可否をご記入の上、上記メールアドレスかFAXにお送りください。

★☆★☆★☆ 転送・転載ここまで ★☆★☆★☆