7月26日第2回口頭弁論速報、次回口頭弁論は10月4日(月)14時半から721法廷です。

本日の口頭弁論に参加されたみなさま、暑い中本当にありがとうございました!
炎天下の昼休み地裁前情宣には、フリーター労組組合員を中心とする20名強の仲間がビラを配りに参加してくれました。
「なくせ!公安条例」のバナーを掲げ、原告や支援者によるマイクアピールも熱が入っていました。 Details »

原告 フリーター全般労働組合 陳述

本日7月26日の口頭弁論で読み上げました!

「麻生邸リアリティツアー国家賠償請求訴訟」原告 フリーター全般労働組合 陳述

 2008年10月の「麻生邸リアリティツアー事件」に関連して、11月5日にフリーター全般労働組合事務所に対して行われた捜索差押は不当であり、謝罪と賠償金の支払いを求める。
 私たちは一人でも誰でも入れる労働組合である。非正規雇用労働者、および失業者を中心に、不安定な労働や生を強いられる階層に属する人々が、互いに助け合いながら企業や社会全体に状況の改善を要求している。組合員の労働問題を解決するために、数十件の雇用先との団体交渉を行うことが日常活動である。その一方で、自らの状況を社会に訴えるためにトークイベントやデモンストレーションも行っている。 Details »

第二回口頭弁論7月26日(月)14時より

来る7月26日14時から第二回目の法廷が開かれます。今回の注目は原告フリーター全般労働組合からの意見陳述です。被告である東京都の反論書提出(答弁)もあります。第一回裁判に引き続き今回も傍聴席を埋め尽くし、不当逮捕の正当化を許さない私たちの意志を見せつけたいと思います。開廷前には地裁前情宣を、弁論後には学習会を予定しています。ぜひ、ご参加・ご協力をお願いいたします。

【第二回口頭弁論期日】
日時:7月26日(月)14時より
場所:東京地方裁判所第721号法廷
予定:1.原告の1法人でもある「フリーター全般労働組合」の意見陳述 2.被告東京都からの答弁

【事前地裁前情宣】
時間:12時半より、東京地裁入口にて。

【報告集会・学習会】
日時:7月26日(月)第二回口頭弁論後、午後2時30分〜
場所:弁護士会館502A室
概要:1.期日報告 2.学習会(河内国賠の野本氏をお迎えする予定です)

訴訟団日記

●7月20日付
【滝本静香】

『男女6人夏物語』

いつの年だったろう。
私(たち)は、ただただ生きていた。
際限のない時間を有意味に使えることの歓び、かつての集団経験の記憶を想起すること
(余力)は無かった。
仕事で疲れては寝るだけの日々。
バラバラな休日と交差しない他者との生(活)。
うだるような暑さが無気力と無関心に拍車をかける。
小部屋には衣類とフライヤーと煙草の空き箱が散乱し、腐った野菜が冷蔵室を彩る。
再生産労働がとても億劫に感ぜられた。

悶々としていた私たちは重い腰を上げ、一堂に会した。
(何でも良かったわけじゃないが)一台にラジカセを搭載し、サイクリングをすることにした。
会話はほとんど無かったけれど、視線が合っては交換しあった微笑、共に移動している
心地よさが鬱積した気分を紛らわせてくれた。 Details »