『なくせ公安条例! 9.23麻生邸リアリティツアー国賠訴訟集会』

訴訟団初の講演集会を事件現場近くの渋谷で行います。基調講演には憲法学者・奥平康弘さんをお迎えします。豪華講師陣と共に公安条例の問題を学び、公安条例撤廃に向けた運動を共に作り出す場にしたいと思います。ぜひご参集を!

923集会チラシ←PDFダウンロードはここから

日程:9月23日(祝・木)
時間:17時半時開場、18時開始、21時終了
場所:渋谷勤労福祉会館
2階第1会議室(渋谷区神南1-19-8)
http://gmap.jp/shop-9249.html

参加費・資料代:500円

プログラムと講師

  • 基調講演「本件での公安条例適用の問題性
    奥平康弘
    :1929年生。憲法学者。東大名誉教授。編著書『憲法の想像力』『表現の自由を求めて』『治安維持法小史』『これが破防法』『青少年保護条例・公安条例』他多数。

  • 講演「いまなぜ公安条例を問うのか―公安条例違憲判決に向けて」(仮)
    大口昭彦
    :「麻生邸リアリティツアー事件」国家賠償請求弁護団。救援連絡センター運営委員。
  • 講演・映像紹介「メディア・アクティビズムの力」(仮)
    小林アツシ
    :映像ディレクター。DVD『どうするアンポ』『基地はいらない、どこにも』など。
  • 原告からのアピール

Details »