10.26弾圧2周年の渋谷駅街宣をしました。

2年前の10月26日、麻生邸リアリティツアーに参加した仲間たちは62億円といわれる当時の麻生太郎首相邸を一目通りから見ることが叶わなかったばかりか、渋谷駅から出発して109ビルを少し通り過ぎたばかりの地点で大勢の警察に体当たりされて3人が不当逮捕されるという弾圧に見舞われました。そしてリアリティツアー連絡先になっていたフリーター労組事務所には、嫌がらせの不当な家宅捜索が入りました。

このリアリティツアー弾圧事件の不当性、そしてそれに対して国家賠償請求訴訟を提起していることを、2年前の集合場所である渋谷駅ハチ公前で訴えました。事件当時のYouTubeの動画をノートパソコンで流しながら、夕刻の渋谷駅前の通行人にビラを配りました。

訴訟団は渋谷駅から移動し逮捕現場(ヤマダ電機向かい)でも情宣を行いました。

2年前は麻生邸見学をすることができなかったため、今回2年ぶりに麻生邸見物に赴き麻生元首相に国賠裁判のお知らせをすることにしました。10分ほど歩いた渋谷区の高級住宅街にある麻生邸に着くと十名ほどのおまわりさんが並んでいましたが、豪邸の主は改装工事が間近でお留守とのことでした。せっかくなので近隣の住民に12月6日(月)14:30から東京地裁721法廷で行われる国賠裁判第4回期日のお知らせをして、訴訟団はお屋敷街を後にしました。

逮捕現場にて

麻生国賠ニュースレター『でてこい』第2号

麻生邸リアリティツアー事件国家賠償請求訴訟団のニュースレター『でてこい』第2号のPDF版です。ぜひご覧ください。(閲覧するには Adobe Reader などが必要です)

『でてこい』第2号(2010.9.6発行)
PDF 581KB

第3回口頭弁論速報(10月4日)

わたしたち国賠訴訟団は昼時の12時半から地裁前にて情宣を始めました。おなじみの「なくせ!公安条例」のバナーとともに、トラメでの元気なアピールと支援者とともに地裁前各所でのビラまきを2時過ぎまで行いました。公安警察の不当な妨害にも随時反撃を加えました。

今回の傍聴にはいつも参加してくれるフリーター全般労組や国賠ネットの仲間に加え、他の裁判闘争を闘う労働組合の当該や支援者たちも駆けつけてくれました。新たな仲間との出会いが生まれ、活気あふれる交流の時間を持つことができました。

訴訟団は今回、東京都の準備書面への反論となる「原告準備書面1」と「求釈明」を提出しました。法廷では弁護団の大口弁護士から東京都の準備書面に対する求釈明の演説がありました。東京都の準備書面では、フリーター労組に対する捜索差押えの根拠が一般的にしか説明されておらず、公安警察による恣意的な労働組合活動への捜索活動を許さないためにも、東京都は捜索差押えの必要性を厳密に説明するべきであるとの力のこもった弁論がなされました。

次回に予定されている東京都と国からの答弁はどのような内容が出てくるのでしょうか。引き続きご注目下さい。

次回第4回口頭弁論は12月6日(月)14時30分から同じく地裁721法廷にて開かれます。今後とも傍聴への結集をよろしくお願い致します。