5月9日は法廷へ集まろう!第11回期日の呼び掛け

デッチアゲ弾圧の決定的証拠映像、法廷で上映へ!
麻生国賠5月9日証拠調べへの圧倒的結集を呼びかけます。

 いつもご支援をお寄せ下さる皆様にも心からお礼申し上げます。

 気づいてみれば私たちの裁判も、口頭弁論を10回重ね、提訴してから2年以上の月日が経ちました。
 そしてついに次回期日は、警視庁公安部の明白なデッチアゲ=権力犯罪が法廷で暴露・追及される、裁判闘争の山場のひとつとなります。
 そこで、これまでの経緯を振り返り、そして5月9日の証拠調べ=デッチアゲ弾圧の決定的証拠映像上映への圧倒的結集を呼びかけます。

 ことの始まりは2008年10月26日、社会全体がさらなる貧困へとなだれ込むなか、庶民とはかけ離れた放蕩な生活ぶりと政治的無能から呆れられていた麻生太郎首相(当時)の豪邸を一目見に行こうと企画された、「リアリティツアー2 62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見」で3名が不当逮捕されました。参加者はただ歩道を歩いていただけなのに「公安条例違反」、また一切手を出していないのに「公務執行妨害」、そして事件となんら関係のないフリーター全般労働組合事務所への不当な家宅捜索、というひどい事件でした。

 しかし、不当逮捕の瞬間がYouTubeで公開され、デッチアゲであることが社会的に認知され、大きな抗議の渦がまきおこりました。映像は4日間で再生14万回を超え、全国から抗議への賛同や声明が集まり、国会でも追及され、そして11月に無事3名の釈放と不起訴がかちとられました。現在も動画再生回数は増え続け、60万回に達しようとしています。

 その後、不当に逮捕・家宅捜索された3人の不当弾圧者とフリーター全般労働組合が、弾圧をこれ以上させないために、2010年2月26日に国家賠償請求訴訟を提起し、警視庁公安部の逮捕・勾留および裁判所の捜索差押許可状発布の違憲性・違法性を問うています。そして、人びとの意思表示を萎縮させ抑制する、公安条例の不当さを訴えています。表現の自由は、政治的自由でもあり、憲法はおろか、誰もが持っている自然権です。私たちは、公安条例撤廃を目指し、政治的表現の自由を勝ち取ります。

 これまでは、原告・被告ともに書面で法的主張をぶつけ合ってきましたが、これからは証拠調べに入ります。
 その第一弾が次回の映像上映であり、恐らく夏頃には第二弾として証人尋問で下手人の公安警察をひきずりだし、弾圧の政治的意図を暴露し、糾弾します。
 これからが、見せ場でもあり山場でもあります。

 次回期日は、上映設備のある法廷を押さえなくてはならない都合もあり、多少調整の時間がかかりましたが、5月9日(水曜日)午後3時から、場所は601号法廷となりました。傍聴席数を超える支援者の参加が予想されますので、傍聴券配布ないしは抽選の可能性もあります。
 傍聴を希望される方は、午後1時30分頃に東京地裁正門前にお集まり下さい。是非とも、引き続きのご参加、ご協力をお願いいたします。