ついに最大のヤマ場!第13回期日10月29日(月)14時~原告の意見陳述に集合を!

【麻生邸リアリティツアー国賠訴訟・第13回期日】
10月29日(月)12時半~東京地裁前でアピール
14時~16時半、地裁721号法廷にて原告の意見陳述
詳細・連絡先: http://state-compensation.freeter-union.org/
【麻生邸リアリティツアー事件とは】
■2008年10月26日、「反戦と抵抗の祭<フェスタ>」プレ企画として実施された「リアリティツアー2
―62億ってどんなだよ。麻生首相のお宅拝見」において、若者3人が不当に逮捕・拘束され、それぞれ
の自宅と、連絡先となっていたフリーター全般労働組合の事務所が家宅捜査を受けた事件です。
■リアリティツアーは、例えば派遣労働やアルバイト、生活保護や障がい者などを含む不安定な生を
余儀なくされ、経済的貧困に追いやられた人たち、そしてそういった事に共感する人たちによって
企画されました。いったい62億円もする麻生首相(当時)の家ってのはどんなものなんだ。貧困や
格差の片棒を担いでいるやつの家ってのはどんなものなんだ。
■当日の15時前、インターネット等で呼び掛けられた集合場所の渋谷ハチ公前には、風船やプラカード
を持った人たちが集まっていました。渋谷署警備課は、麻生邸に近づいた時点からは「5名ずつならば
通す」旨を向こうから連絡してきました。
■集まった人たちは3、40 分ほど駅頭で声を挙げた後、渋谷署との話し合いどおり、風船やプラカード
を下ろして、渋谷駅を背に、ゆっくり歩き始めました。拡声器も使わず、隣の参加者と肉声で談笑しながら。
参加者はおよそ50人ほどでした。
■その直後のことです。参加者が道玄坂下にさしかかろうとしていた瞬間、警視庁公安部及び支部や
渋谷署警備課は、突如参加者の中へ突入し、3人の若者を無理矢理羽交い絞めにし、路上に組み伏せ、
連れ去っていきました。「公安条例違反」「公務執行妨害」のでっち上げでした。その後彼らは12日間勾留
されます。しかし逮捕時の映像はyoutubeにアップされ、再生は計30万回を超え、全国の救援で無事奪還されました。
■渋谷の路上を歩いていたら突然警官に取り押さえられ12日間閉じ込められた。その間、勝手に家に
踏み込まれ部屋を荒らされた。許せません。次回はついに原告2人が証人として登場し、弁護士から質問
を受けながら不当逮捕だと長時間アピールする本番です。傍聴席を埋め尽くす事が勝利に繋がるので
ぜひよろしくお願いします!
【この訴訟で主張したいこと―東京都公安条例の違憲性】
 この10年をざっと振り返っても、毎年のように弾圧は繰り返され、ここ数年はささいな行為が事件化され弾圧を受
ける傾向がみられます。歩道を歩いていただけで逮捕された本件、イラク反戦デモへの連続弾圧、2010年の815靖国
でも歩いていただけでの逮捕、2011年2月20日のアメリカ大使館前弾圧も、嫌疑なき逮捕と言うべき警察による事件化でした。
 また、先般の東日本大震災において起こった福島第1原発の事故。反原発・脱原発の民衆のうねりは多くのデモに
結実しました。しかし警察権力は幾度と無く参加者を不当逮捕するという暴挙が。現在行われている官邸前の
抗議行動も表現の自由が封殺されています。
 このような不当な弾圧・規制に対し、麻生国賠は国家賠償請求法を武器に、司法の場でデモなどの街頭表現の
自由を保障させようというものです。中でも強調したいのは、デモの自由を規制する公安条例という縛りです。
東京都公安条例は戦後まもなくからデモと集会の自由を規制してきました。「公安条例は憲法違反だ」という
麻生国賠の主張を、運動全体の課題として共有していきたいと思います。
【麻生邸リアリティツアー事件国家賠償請求訴訟団】
連絡先:〒151−0053 東京都渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2F フリーター全般労働組合気付
TEL:03-3373-0180  FAX:03-3373-0184  Web: http://state-compensation.freeter-union.org/
郵便振替:00130-9-282713 口座名:麻生国賠(他行からの振込 店名:〇一九店/預金種目:当座/口座番号:0282713)

討論集会「街頭行動の自由を考える」実行委員会の構成

私たち討論集会「街頭行動の自由を考える」実行委員会はこれまで、大衆運動が無名の人々によって構成されているという共通認識から、実行委員会に参加する個人・団体を特段公表してきませんでしたが、どのような人たちがやっているのか、と多くの問い合わせがありました。
論争なき大衆運動を変えていくためにも、この討論集会をひとつの契機としたいと考える実行委員会は、より多くの参加を求めて、下記のとおり公表します。

団体:麻生邸リアリティーツアー事件国家賠償請求訴訟団 救援連絡センター
個人:鵜飼哲(教員) 上平学(反天皇制運動連絡会) 太田昌国(編集者) 大麦ジョージ 小倉利丸(大学教員) キー 小塚太(フリーター全般労働組合) 佐藤零郎(4.5釜ヶ崎大弾圧原告) 園良太(「麻生国賠」原告) 中島雅一 張本勲(救援連絡センター運営委員) B.O.T(無政府韻踏争議団) 平井玄(半径1キロの思想家) 村上らっぱ(靖国解体企画) 山口素明(予備校教員)

10月21日:討論集会「街頭行動の自由を考える」開催!

私たち「麻生国賠」も実行委員会に参加して、以下の集会を開催します。ぜひお越し下さい!

★☆★☆★転送・転載大歓迎★☆★☆★

討論集会「街頭行動の自由を考える」

日 時:2011年10月21日(日)15:00開場 15:30~19:30
場 所:一橋大学東キャンパス東2号館2201教室 資料代:500円
連絡先:一橋大学鵜飼研究室 042-580-9034 gaitoukoudounojiyu@yahoo.co.jp
主 催:討論集会「街頭行動の自由を考える」実行委員会/震災・原発事故を考える会@一橋大学
web:http://state-compensation.freeter-union.org/
※排外主義者と警察への協力者の参加・立ち入りを禁止します。

【罵倒の不自由ではなく、語り合い行動する自由を!】
▼私たちは「不自由」が充満した社会に生きている。飯も、着るものも寝るところも、働き遊ぶことも、むつみ合う歓びも、街頭で訴えることも、何ひとつ思うようにならない。できるのは、ネット空間で人を罵り倒すことくらい。名を隠して貧弱な雑言を競い合い、ささくれた熱狂を使い果たしては浅く眠る。これは果たして「自由」なのか? いや「監獄」である。原発震災はこの「監獄」のような不自由を剥き出しにした。だから、自己規制の壁を打ち破って人々は車道に溢れ出す。経産省前のテントに暮らし、官邸城の裏から叫ぶ。
▼官邸前で起きたことは「自制された蜂起」なのか、それともコントロールされたその紛いものなのか。そのどちらへ向かう可能性もある、と言おう。「不自由」を生むもう一つの源は、あの「白地に赤い丸」の旗である。原発からの自由を求める賑やかなデモの傍らには、あの旗の中毒者たちに襲撃されるデモがいつもあることを忘れるわけにはいかない。にこやかな警察官たちの腕づくの「誘導」と、旗に憑かれた者たちの突撃が重なり合うところにこそ「不自由」の全体像があるだろう。
▼それでも、命が危険にさらされる時、人々の中から自然な「法」が立ち上がる。原発震災から600日、それぞれの場所から「街頭行動の自由」を語り合おう。

第1部)パネルディスカッション:「この不自由の中から、何を実践するのか」
太田昌国(編集者)+木下ちがや(工学院大学非常勤講師)+桜井大子(反天皇制運動連絡会)
第2部)映像サンプリング上映:「街頭の自由と不自由」イラク反戦から反原発まで
第3部)フリートーク