2013年1月8日 訴訟進行に関する申入書

平成22年(ワ)第7274号 損害賠償請求事件

原 告 フリーター全般労働組合外3名

被 告 東京都外1名

訴訟進行に関する申入書

2013年1月8日

東京地方裁判所第6民事部合議A係 御中

原告ら訴訟代理人

弁 護 士  大 口 昭 彦

同      川 村   理

同      小 竹 広 子

本件訴訟の進行に関し、以下のとおり申し入れる。

第1 申入の趣旨

1 本日付証拠申出書(2)に記載の原告園の本人尋問を採用のうえ取り調べられたい

2 平成24年1月30日付証拠申出書(1)に記載の証人Yの証人尋問を採用のうえ取り調べられたい

3 既に採用済みの原告本人Aの尋問に先立ち、原告本人園の尋問あるいは証人Yの尋問を先に実施されたい

 

第2 申入の理由

1 前回期日の訴訟指揮及び法廷警察権の問題点

本 件においては、前回口頭弁論において、原告園及び同Aの本人尋問が予定されていたが、当該期日は、原告園の着用していたTシャツ(「YES抗議 NO排 除」と前面にプリントされていたもの)の前を止めるように裁判長より指示がなされ、それに原告園が従わなかった結果、その本人尋問が取り消されるにいたっ た。

しかしながら、本件は、公安条例の合憲性、すなわち、憲法上保障された政治的表現の自由に対する制約が問題となる事案であるところ、い かなるTシャツを着用するかは、基本的に原告の自由に属する事柄であり、裁判所に干渉されるべき問題ではなく、しかも、前記Tシャツの文言は、何ら本件と 関連するものではないから、そもそも訴訟の進行に全く影響を与えるものではなかった。

にもかかわらず、当該Tシャツの着用を理由として、原 告園の本人尋問まで取り消し、しかも、これに抗議した原告及び傍聴人1名に対する退廷処分まで出すにいたった裁判所の訴訟指揮及び法廷警察権の行使は、原 告らの表現の自由に裁判所自体が十分に意を用いていないのではないかと、危惧させる事態であり、原告訴訟代理人としては、誠に遺憾である。

2 前記Tシャツ着用の趣旨

原 告園が、前回期日において着用していたTシャツは、原告園が別件の刑事事件にて逮捕勾留された際、その友人である支援者が、裁判費用等に充てるため、カン パを集める目的にて作成したものであり、原告園は、そうした支援者の気持ちに応える趣旨をもって、本件当日も当該Tシャツの着用をしてだけの話であって、 その着用により、本件裁判自体に何らかの影響を与えることなど一切企図していなかった。そして原告園は、本件における前々回の口頭弁論期日においては、同 じ文字の色違いで、文字部分がより明瞭に読み取れるTシャツを着用していたが、その際はこれが何ら問題にされることはなかったため、当日、裁判所がなぜゆ えこの点を問題にするのかが全く理解できず、前回はあえてその着用を求めたのである。

なお、原告園の別件の刑事裁判は、本年12月4日に直近の期日が実施されたが、その際、原告園は、当該Tシャツを着用せずに被告人質問を終えており、原告園としては、必ずしも前記Tシャツの着用に固執しているわけではない。

上記別件の状況は、裁判所の立場からしても、原告園の本人尋問を実施する障害のないことを示すものであり、申入の趣旨1記載のとおり、本日付で申請した原告園の本人尋問を改めて採用のうえ、これを取り調べるよう求める次第である。

 

3 人証の順序について

現時点で、裁判所は、次回期日の予定として、原告Aの本人尋問を予定している。

こ の点、原告訴訟代理人は、前回の期日でも申しあげたとおり、原告Aの主尋問においては、事件の起点から時系列的にこれを尋問することを予定せず、むしろ 原告Aに特有の事項、すなわち、同人による公務執行妨害の事実がないことや逮捕後の取調べに関する尋問を主に予定しているのである。

しかしながら、訴訟の進行としては、むしろ本件全体を起点から時系列的に証言予定の原告園や証人Yの尋問を先に実施した方が裁判所の理解に資するはずであり、原告訴訟代理人としてもかかる進行の方が効果的に尋問を実施することができると考えるものである。

よって、申入の趣旨3に記載のとおり、原告Aの尋問に先立ち、原告園の尋問あるいは証人Yの尋問を先に取り調べられたく、裁判所に次回期日予定の再考を求めるものである。

なお、場合により、原告訴訟代理人と裁判官と面接を希望する。

以 上

裁判所の原告排除を許さず、証人採用を求める要請書/次回裁判4/8へご参加を!

みなさま、今年もどうぞよろしくお願いします!「麻生邸リアリティツアー国賠訴訟」は2012年10月30日に原告2名の証人尋問という山場を迎えました。しかし原告の園が証言の前に着ていたTシャツを理由に法廷から暴力的に強制排除され、閉廷にさせられてしまいました。そのやりとりはこのブログの次の記事をご覧ください。また「木星通信」さんの報告http://jupiter-press.doorblog.jp/archives/19506349.html をご覧下さい。地裁前での抗議映像です。http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=uhdolh67lkU

次回公判は4月8日14時~東京地裁721号法廷です。4/8夜には久々の報告集会も予定しています(詳細は後日お伝えします)。裁判所は原告1名だけの証言を採用し、園は取り消したままです。そこで明けて2013年1月、弁護団は、裁判所に過剰規制への抗議と取り消した園の証言を採用することを求める申入れをしました。当初はみんなで直接出しに行く予定でしたが、裁判所が根拠なくそれを断りました。そして2月現在、未だに証言を採用すると回答していません。裁判所は証人2名の採用を行え!不当な法廷規制をやめろ!そして東京都・警視庁に不当逮捕の責任を取らせよう!次回口頭弁論の4/8へぜひ大結集をお願いします。