「麻生国賠」打ち切り・判決を止めよう!9,28集会と9.30公判に参加の呼びかけ

☆★拡散歓迎☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
「麻生国賠」打ち切り・判決を止めよう!9,28集会と9.30公判に参加の呼びかけ
<連続行動1>
なくせ公安条例!「麻生邸リアリティツアー国賠」打ち切りを許さない!9.28大集会
9月28日(日)13時開場、13時半開始
場所:フリーター全般労働組合事務所(京王新線「初台」駅。渋谷区代々木4-29-4-2F)
 地図:http://freeter-union.org/
発言者:吉永満夫弁護士(『崩壊している司法』日本評論社・著者)
「国賠ネットワーク」http://kokubai.net/
弁護団:大口昭彦弁護士、川村理弁護士、小竹広子弁護士原告、フリーター労組、ほか
主催:麻生邸リアリティツアー国家賠償請求訴訟団
http://state-compensation.freeter-union.org/

麻生邸リアリティツアー国賠訴訟は、7月1日の裁判で、9月30日の裁判を持って終了・判決にするとを宣告されました。不当逮捕の責任者である公安警察の栢木や、不当な家宅捜索を受けたフリーター労組の鈴木さんの証人採用もなし、私たち原告側の最終弁論すら無し。国賠訴訟の制度を根底から壊すような暴挙でした。これでは判決にも期待はできません。

私達は弁論の再開申し立てを行います。そして打ち切りと不当判決を許さず、勝訴判決と公安条例廃止を勝ち取るための直前集会を9月28日に開催します。
原告と弁護団が、この国賠訴訟の意義と、勝利に向けた意気込みを語ります。今も不当弾圧が繰り返され、麻生太郎ら自民党政権は繰りされています。この国賠で状況を変えたいと思っています。そして基調講演として、先日『崩壊している司法』を出版された吉永満夫弁護士をお呼びします。裁判所が国賠をあっさり打ち切った背景にある司法制度の崩壊をお話頂きます。
さらにそもそも国賠訴訟の意義は何か、過去にどのような闘いで権利が勝ち取られてきたかを、様々な国賠訴訟をつなげる「国賠ネット」の方にお話頂きます。この集会に多くの参加と注目が集まることで、裁判打ち切りを防ぐために、街頭行動の自由を守るために、ぜひ結集をお願いします。そして、次回公判:9月30日(月)11時~東京地裁429号法廷にもぜひ多くのご参加をお願いします。この日を判決にはさせないぞ!

参考:麻生邸リアリティツアー弾圧の映像http://state-compensation.freeter-union.org/?page_id=43
弾圧と救援の経緯:http://state-compensation.freeter-union.org/?page_id=38

<連続行動2>
「麻生国賠」次回公判
9月30日(火)11時〜東京地裁429号法廷
☆裁判所の予定では判決日。私たちは打ち切り判決を許さず、弁論再開を求め続けます。そのために最大の参加をお願いします!

【第19回期日報告】 麻生国賠、次回で終了危機!国賠訴訟制度の崩壊を許さない!谷口園恵裁判長に抗議の集中を、事前集会と9月30日の公判へ結集を!

【第19回期日報告】

麻生国賠、次回で終了危機!国賠訴訟制度の崩壊を許さない!谷口園恵裁判長に抗議の集中を、事前集会と9月30日の公判へ結集を!

まず弁護団対し、リアリティーツアーは目的地に向かう、いわば観光のようなもの」という応答はリアリティーツアーのからの尋問です。「いわゆるデモと” リアリティーツアー”はどう違うのか」という質問に対して、「デモは他者への働きかけであるのに本質を捉えています。

また、園が先頭で頭上に掲げたポスターは、ツアー参加者が道に迷わないための目印が目的でした。警察はそれを「計画的無届けデモ」の根拠として公安条例違反をデッチ上げましたが、それがいかに現場の流動的な状況の中で手にしたものであるのが警察の事前抑制に使われ、いかに「届出」から程遠いのか、表現の自由の侵害か、その違憲な運用を暴露しました。それに警告した警察官が反論されると黙り込んでしまった事実、そして、警察が逮捕時に被疑事実を明らかにできなかった事実なども明らかにしました。
主尋問の最後には、 自身が関わったデモ申請の実態についても語りました。公安条例でデモは警察への事前申請が義務付けられているからです。(後半の意見書を参照)

検察の反対尋問では、組織的で計画的、とくにフリーター労組の関与があるかのように印象付けるための尋問に終始しましたが、あまりにも粗雑で傍聴席からは何度も苦笑がもれるほどでした。東京都や裁判官からの尋問は特になく、やる気のなさはその後の許せない結末を予感させました。

園の尋問も終わり、次回の証人は家宅捜索に立ち会った鈴木氏なのか、それとも弾圧総指揮者の公安警察の栢木なのか。原告、弁護団、支援の傍聴者が裁判長の発言に耳を傾けていたのですが、結果は予想を上回る最悪のものでありました。証人尋問は打ち切り、最終弁論もせずに結審、というもの。ありえない!小声の早口で言われて判決日もわからない。一斉に怒号が上がり、「打ち切りをやめろ」「裁判続けろ」「次回はいつだ」と激しいやりとりに。

谷口はようやく9月30日と明言しましたが、その間も暴力警備員たちが「退廷させるぞ!」と恫喝をかけ続けます。閉廷したのに何が退廷だ、ふざけるな!警備法廷を解かない、財布の中まで開かせる所持品検査、傍聴者の交代を認めないなど、予断に満ちた不当な訴訟指揮は、前任の志田原を上回っています。これでは敗訴の結論も見えたのと同じです。

私たちは、9月30日を判決とする訴訟進行を許さず、あらゆる手を使って証人尋問と最終弁論を勝ち取ります。新証拠の提出による弁論再開の申し立てや、打ち切りをさせない集会も9月後半に予定しています。
最後の闘い、ぜひ多くの協力と情報拡散、9月30日の結集をお願いします。

 

==========================================

意見書――東京都公安条例は憲法違反だ

原告・園良太

東京都公安条例は表現の自由を侵害する違憲の条例である。私は公安条例違反で不当逮捕されたと同時に、日ごろから公安条例を理由に街頭デモの申請を警察に妨害されている。そのやり取りを録音したので、それに基づいて問題点を意見したい。

・時間

私は5月4日に新宿警察署、6月8日に警視庁本庁へ「安倍政権はダメだとはっきり言おう!」という新宿アルタ前広場から出発するデモの申請に行った。両方日曜日なのは、申請が3時間も4時間もかかり、平日昼間では行けないからだ。デモは警察署への事前申請が公安条例で定められており、デモ許可は公安委員会が出す。警察署は窓口に過ぎないが、そこで「ここは通れない」「このコースに変えろ」「●●をやめろ、デモ中に横に広がるな」などと口を出してくるため、長時間かかってしまうのだ。デモ申請の現場が妨害に使われているのだ。

警察の発言を録音したので例に挙げたい。「商店街から苦情があるから細い道を通るな」と必ず言う。アルタ前の新宿通りは日曜は歩行者天国だが、私たちのデモ隊が通る事を「通行人の迷惑だ」「混乱が起きる」と拒否し続ける。そしてデモ通過を理由に毎回歩行者天国を中止にしてしまうのだ。そしてアルタ前でなく近くの柏木公園出発を強制してくる事も多く、抵抗しなければほとんどそれで押し切られてしまう。デモは人の多い所でアピールすることが目的なのに、わざと人の少ない所を通らせ、内容に口出しをしてくるのだ。

共通する妨害手法は、1:デモ隊と歩行者を切り離し、デモをひたすら「迷惑」とみなす視線。2:デモが暴動につながるとみなし、ひたすら抑圧する事。3:デモ申請を長引かせ、こちらを疲れさせ、警察側の要求を飲ませる事」だ。私たちがその都度「道路交通法などに違反することでない限り、警察が口出しするのは表現の自由を侵害する憲法違反だ」と抗議すると、今度は「必要な行政措置だ」と言ってくる。つまり警察はデモに対してどんな制限をしても構わないと強弁し、公安条例で強制されるデモ申請がそのような場と化しているのだ。

そもそも公安条例でデモは開催72時間前までの申請が義務付けられており、戦争開始前や悪法の成立前といった緊急時や思い立った時にすぐデモをする自由が妨害されている。そしてどんなに早くデモ申請をしても、デモ開催の前日まで公安委員会の許可証が出ないのだ。これにより、突然デモコースを強制変更された場合などは参加者への広報で大混乱になり、申請通り通ったかも前日までわからない。そして「許可証」には「隊列は4列行進・250人ずつ」など様々な制約がつけられ、デモの自由と躍動感が奪われてしまうのだ。

デモ行為などの政治行動の自由は民主主義社会で最も重要なものだ。それを最初から最後まで妨害する公安条例は憲法違反そのものであり、今すぐ撤廃されなければならない。これを理由にした警察の私への逮捕は不当極まりないものであり、この国賠訴訟の原告勝利はあまりにも当然のことなのだ。